京都の素人そば打ちサラリーマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝の珍事

<<   作成日時 : 2012/02/23 20:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

毎朝の事ですが、6時50分頃に新幹線に乗車する為、
京都近鉄駅の改札付近を通ると写真のように通勤者
が近鉄改札からダッシュでJR京都駅に殆どの方が
走っています

どうも6時53分の大阪方面に行く快速に乗車する為に
走っているようです。

朝の早くから1分1秒の戦いをして出勤していると思うと
新幹線通勤って楽だと思いました

画像


画像


皆さん、お疲れさま!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。昨日埼玉県内宿で開かれている三段位認定会を見学に行ってきました。一日目だけでも45名が受験され、全員の方の緊張が私にもしっかり伝わってきました。硬すぎて練ができず丸出し
でぼろぼろとなってしまった方、軟らか過ぎなのか、
麺棒を使ってたたんでも切れてしまい審査員に助けていただいている方。家で練習している時はきっとすばらしい蕎麦が打てていただろうにと思うと、やはり認定会は恐ろしいです。篩の清掃でもやはり唐橋先生は裏返してトントンをやり、粉がどっと落ちてきて、にぃやっと笑い、見学者からもあーあーの声、受験者も苦笑い。そこまでするのか。きびしい世界ですね。
二日目に受験されるという方とお話ができ、水量、室内の温度乾燥、打粉の使方、とてもよくわかっている方で、まえやんみたいな人でした。とても勉強になった一日でした。サラリーマンに負けないように、1・5kのそば粉に負けないようにがんばります。よろしくお願いします。。

よい粉
2012/02/26 17:09
よい粉様、コメントありがとうございます。
埼玉まで段位認定会を見学に行かれた事は、会場の雰囲気をつかめて良かったと思います。
確かに本番は、誰でも緊張をしますが、その時に何時も通りに蕎麦打ちが出来た方が良い結果が出ていると思います。よい粉様も自宅での蕎麦打ち練習は必要ですが、人前で蕎麦打ちをする事で、人に見られているという緊張も体験出来、その結果、本番でも成果が出ると思います。また、本番もそうですが、練習の時から蕎麦打ちに集中して、1つ1つの作業をしっかりする事が1番大切かと思います。って、これが1番難しいですね!
ゆきやんも本番では、いつも緊張しています。でも、今までの練習を信じて、応援してくれる仲間を開始前に見て、「よし」と思って開始しています。
今年もよい粉様と交流をしてアドバイスしたいと思いますので、目標とする3段位取得に向けて頑張って下さい
ゆきやん
2012/02/27 05:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝の珍事 京都の素人そば打ちサラリーマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる