京都の素人そば打ちサラリーマン

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ未熟のほうとうそば(縄文そば?)

<<   作成日時 : 2015/10/24 23:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 9

今日は、埼玉の武蔵の国の名人大会が
開催されました。

と開始までは、参加するメンバーと楽しく
交流を図りながら、大会に臨み、私も今年
こそ!と強い意識で
望んだ大会でしたが、今回の持参したそば
粉は、対馬の地粉でそれも10割でのそば
打ちでしたので、事前の練習も不足した中
での大会で、予選会では、加水が多くて、
柔らかい生地となり、その影響で自分の
そば打ちも出来ませんでした

それでも、予選は何とか通過出来たので、
決勝戦に進むことが出来ましたが、この
決勝戦でもハプニング?というより自分の
そば打ちレベルの低さを感じました

決勝戦では、予選会の加水の多さに反省
した影響で、こんどは極端に加水が少なく
なりました

生地を纏めて練り込みをした直ぐには・・・
やってしまった???という感じで、もう、
その後は皆さんも想像する状況でした

そして、私の後ろには・・・
決勝戦前に名人が揃って見本打ちした
そば打ちより、多くの方が集まり???
くすくす!嬉しい!楽しい!と私の失敗
をとても喜ぶ声が耳に入り!!!
益々、汗が出ている自分を何とか気持ち
を落ち着かそうと意識しました

でも・・・汗は止まりません
そして、生地も中々、纏める事が出来ず、
気持ちの中では・・・
ギブアップ宣言も意識しました

更には、解説者からのコメントも無く???
と言うより無口になりました

しかし、ここでギブアップしたら来年の
この大会や今後の五段位認定受験も
辞退しないと行けないと思いました

そして、硬い生地に少しの水を加えて
練り込み、何とか生地を纏めて、地延し
を始めましたが、やっぱり周りの生地が
割れるので、丸出しも諦めて、厚みの
生地を四角にして、切り易い幅に分けて
その生地を切りました

画像


結果して、出来上がった物は、ほうとう?
それとも縄文時代のそば?というほどの
そばとなり、このそばを茹でて、審査員に
試食をして頂きました

審査委員からは、対馬産のそばが食べたい
との評価も頂き、ゆきやんの大会は自分が
意識した内容で無いまま終了しました

そして、大会終了後の懇親会は、当然ですが
説教部屋になりました

でも、今回の大会では仲間が良いそば打ち
をして優秀な成績を収めて頂き、この結果を
来年に向けて頑張ろうと思いました

画像


でも・・・
この調子で五段位認定受験は・・・
厳しいです・・・

頑張ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は、初めて使う粉をなめていました。やっぱり、しっかりとそば粉を見極めるには沢山のそば粉を準備して、沢山打つことが大事だと思います。また、ニハチの打ち方では、十割そばは、きっちりと打てないことも勉強になり、水回しの基本からやり直します。今回の失敗で多くのことを学び、参加して良かったです。この失敗を五段位認定のそば打ちに活かせて行きます。
ゆきやん
2015/10/28 07:03
お疲れ様でした。私も、水廻しの難しさを、改めてわかりました
裏方
2015/10/28 17:28
裏方さん、コメント有り難うございます。私のそば打ちを見てびっくりしたと思います。皆さんの前で散々なそば打ちは、久し振りです(?_?)でも、今日も自宅に帰ってから練習して、生粉打ちをマスターします。また、埼玉に行った時は、私らしいそば打ちが出来るようにします。
ゆきやん
2015/10/28 18:31
ゆきやん つきなみですが”勇気”をいただきました。
いつも心から感謝です。
yassan
2015/10/29 09:10
「ゆきやん」汗バンドは効き目が無いことが良く解りました!「yassan」も十分”勇気”があったと思うよ!
ちょっと臭ったけどね!
北の汗かき”
2015/10/29 15:13
2年前 初回の武蔵野国蕎麦打ち名戦の時にスタッフとして お手伝いさせて頂きました。この名人戦は 粉の持ち込み 量 打ち方と全て自由なのですよね。

決勝戦は その蕎麦を茹でて審査員が試食するという お遊び的な名人戦でした。ゆきやんさんでも水回しでミスをすることがあると思うとホッします。

綺麗な仕上がりの蕎麦ばかりみていますので、失敗などなさらない方と思っておりました。よかった〜〜

試験までに 沢山の失敗を繰り返し 仕上げていってくださいね。失敗は成功の元です。がんばれ〜〜

many
2015/10/29 19:52
yassan様、お疲れ様でした。とても楽しい大会で仲間との交流も図れました。また、これからも参加して美味しいそばを目指しましょう。
ゆきやん
2015/10/30 06:01
北の汗かき様、何かハプニングがあると汗止めバンドも効き目ないですね!やっぱり精神を鍛える事が大切だと思いました。と言うよりも自分が持参したそばをきっちりと打たないといけませんね!来年は、汗も無い自分の持参したそばをしっかりと打って、リベンジします
ゆきやん
2015/10/30 06:03
many様、武蔵の国の名人大会は、技術だけで無く、打つ姿勢や道具の扱い、そして、美味しいそば粉を自らが選定して参加する大会なので、とても厳しい大会です。だから自分が打ったそばを上手く湯がくのも評価対象なので、技術だけ良くても美味しい訳ではありません。だから、審査員も参加者も真剣なので、決してお遊びではありません。私も今回は、自信を持って持参した粉でしたが、自分の未熟さが敗因です。自分の失敗が次回に成長するので、これからも色んなそばを打って成長しますので、応援宜しくお願いします。五段位認定は、自分らしいそばを目指します
ゆきやん
2015/10/30 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだまだ未熟のほうとうそば(縄文そば?) 京都の素人そば打ちサラリーマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる