京都の素人そば打ちサラリーマン

アクセスカウンタ

zoom RSS そば粉なのに「うどん」又は「こんにゃく」感触

<<   作成日時 : 2017/04/02 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も我が家で仲間と練習会を開催
いよいよ予選を意識した練習を福井
大会に出場している仲間と練習を
しました

でも、仲間が持参したモンゴル産の
そば粉を試し打ちしましたが、見た
目はそば粉なのに水回しをして、
生地を纏めて練り込みをすると
うどんのような弾力又はコンニャク
のような感触で、とてもそばを練る
感覚ではありません。

また、丸出しをしても延びた生地が
元に戻るぐらい弾力がありました。

そして、切ったそばも全く屑が出ず、
練り、延し、切り全てにおいて、
体重をしっかり生地に伝える練習
には良い粉だと思いました。

仲間の知り合いが、モンゴルの
そば粉を購入して、頂いた物で
袋の写真を取り損ねたのが残念
です。

途中のそば打ちの写真も撮り
忘れ、畳んだ生地の状態だけ
紹介します

画像


そして、仲間も予選会に向けて
スイッチが入っています

画像


お昼は、モンゴル産のそばを
鴨南蛮で頂きましたが、湯がく
そばも屑が無く、味も普通な
味ですが、噛んだ弾力は強い
です

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そば粉なのに「うどん」又は「こんにゃく」感触 京都の素人そば打ちサラリーマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる