埼玉合宿行きました

5月3日から5日で毎年恒例の埼玉の
合宿に参加しました。
さらっと紹介しますが、今年も合宿で
今年の福井予選会に向けて気合が
入ります。

今回は、1kgの二八そば打ちから
9:1そば、10割そば打ちを見学者
の前でポイントを話しながらそば
打ちしました。
この緊張感が、今年の予選会に
意識が高まります。

5月12日に予選会を受けますが、
とても気合が入った研鑽会で私
も満足しました。
本当に写真も無く、報告だけで
ごめんなさい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

okame
2019年05月19日 19:42
 先日は講習会で色々教えていただきありがとうございましたm(_ _)m。
 仲山名人とゆきやん様のおかげで自分の打ちたい蕎麦が明確になりました。
 舟に入った蕎麦先端がそり気味になるのが良いの意見に賛成です。でも上手い人でもならないのは何故か、一つ要因がわかりました。次回福井でお会いしたときに!
ゆきやん
2019年05月19日 21:13
okame様、コメント有難うございます。福井まで要因が聞けないのは寂しいですが、私も更に美味しくシンプルなそば打ちと更に反りあがるそばを目指します。でも、要因悩んでねれないなぁ~
okame
2019年05月22日 21:11
 ゆきやん様ありがとうございます!変なコメントで寝られなくさせて申し訳ないです。間違っていたら教えてください。
 肉分け幅だしのとき真ん中が薄くなるのを予防して、もしくは審査員に伸し残しがないことのアピールで手前と先端を少し伸しすぎること。
 包丁を先端部分を引っ掛けるようにスライドさせ少し引っ張って切っていること。
だと思いました。若輩者ですのでご指導ご鞭撻をお願い致します。
ゆきやん
2019年05月23日 07:33
Okame様、コメント有り難うございます。そばが反り立つ要因は、okameさんの要因では、無いと思います。私なりに思っているのは、生地の延す厚みとしっとりとした生地のまま切った幅で、つなぎ粉のグルテンが効いて、生地が縮むのかな🎵と考えています。延しの厚みが薄くなると反りが少なくなり、しっとりとした生地で無い場合も反らないと感じています。しっとりとした生地で切るから、生地が更に縮むように働くのかな🎵北海道の方も私のように反ったそばを打ちますが、皆さんの生地も、しっとりとした生地のまま切っています。でも、本当の理由は、やっている私も解りません。でも、美味しいそばに見えるので良いかな🎵と感じています🎵okame様も試して下さい。
okame
2019年05月23日 21:39
勉強になります。ありがとうございましたm(_ _)m。