京都の素人そば打ちサラリーマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 新人の二段位認定練習を見て、今日も撃沈

<<   作成日時 : 2014/02/15 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、今年の5月に二段位認定
を受験する仲間の教え子が我が家
に練習に来ました

今回で2回目の我が家での練習会
ですが、本当に仲間がきっちりと
基本を教えているので、1つ1つ
の作業を確認しながらそば打ちを
しているので、見ている嫁や私も
とても良い刺激を受けました♪

また、前回にアドバイスした事を
しっかり活かしているので、本当
に初段位なのかな?と驚きました!

特に生舟に切ったそばを並べる処
は、仲間以上に綺麗です

今後も我が家で練習を行いますが、
仲間の教え子の成長が楽しみです♪

画像


画像
画像


でも、色んな方のそば打ちを見ると
良い刺激を受けます!

嫁も仲間の教え子の生舟の入れ方を
じっくりと見ていました!

仲間の教え子が帰ってから嫁と二人
で団体戦の練習をしました♪

先ずは嫁の二八の加水をしっかりと
確認しながら、そば打ちをしました!

何とか団体戦のそば粉の適量な加水
状態の感覚が解りました。

でも、しっかりと練り込みも重要です♪

そして、ゆきやんの生粉打ちの練習
をしましたが、本当に団体戦のそば
粉は、難しいです♪

何が難しいかと言うと前回の西日本
支部の合同練習会と同じ850cc 位の
加水でそば粉が充分水が入っている
ように思いますが、手の粉を落とし
ている内にそば粉が硬くなって行き
ます!更に水を入れて廻して行くと
加水がまだまだ必要となり、900cc
まで入りました!
そして、練り込みをして行く内に
生地が絞まって行きます。

前回の練習会よりは、生地の状態
が良いのですが、加水が多いので、
しっかりと打ち粉を振りながら、
そば打ちをしないと打ち台にそば
がくっついたりして、とても制限
時間内にそば打ちが出来ません!

更に延し棒も生地からの水の影響
でガサガサになります!

最後の切ったそばを生舟に入れよう
と持ち上げるとそば自身の重みで
ぼろっと切れてしまいます!

やっぱり今回もゆきやんの生粉打ち
は、撃沈しました

画像


またまだ本番まで時間があるので、
加水のやり方やその際の生地の状態
を考えて、厄介なそば粉をじっくり
とやっつけて克服します♪

本当にストレス溜まるそば打ちです(/_;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新人の二段位認定練習を見て、今日も撃沈 京都の素人そば打ちサラリーマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる