利賀村そば祭り

土曜日から日曜日の2日間で利賀村の蕎麦祭りに行って来ました。

まぁ~驚いたのは、豪雪の凄さと降雪の続いた事
土曜日は、朝からそば打ち練習をして13時30分に京都を出発

京都も多少の雪はちらついていましたが、北陸道は雪の影響も無く、
順調に進み、砺波から東海北陸自動車道に入って、五箇山ICに
近づくに連れて、降雪も厳しくなり、五箇山IC手前から道路にも
雪が積もっていました。

そして、五箇山ICを降りてから、国道を走りましたが、道路は完全に
雪が積もってすべり易い状態で、ゆきやんもDからにマニュアルに切り
替えて、スピードを控えて運転をしました。

画像


地元の人達は、車の運転に慣れていますので、後続車に道を譲り
ながら、いよいよ利賀村に行く、山道に入りました。
私の車は、スタットレスタイヤを履いているもののFF車なので、
アクセルを強く踏むと後輪が直ぐにすべりましたので、ゆっくりと山道
を進みました。

18時には、何とか利賀村の蕎麦祭り会場にたどり着きましたが、
積雪が2m以上もあり、嫁も始めての2月の利賀村を見て、とても
驚いていました。

会場では、沢山のお店や全麺協のブースも出ていましたので、
早速、全麺協のお店でお蕎麦を食べて、そば祭りのお手伝いに
参加している仲間に挨拶をしました。

また、利賀村でお世話になっている「ごっつお館なかじま屋」の
お店に行って、利賀村の郷土そばのかけそばを食べました

祭り会場で、富山の荒井さん達と合流して、一緒に19時から開催
される花火大会を見ましたが、冬の花火も空気が澄んでいるので、
とても綺麗でした。

画像


花火が終わった後は、利賀村の中島さんや富山の荒井さん達と
懇親会を行い、23時過ぎまで蕎麦談義で盛り上がりました。

画像


そして、日曜日は土曜日に準備した蕎麦で十分間に合うという
事なので、急遽、蕎麦仲間とのそば打ち交流会をする約束を
して、ホテルに戻りました。

ホテルに帰る途中でも、更に雪が降り積もっており、ゆっくり温泉に
浸かって就寝しました。
日曜日は、6時30分に目覚めて、ベランダを見ると更にびっくり
土曜日より更に雪が降り積もっており、私の車も完全に埋まって
いました。

画像


画像


朝から車でそば打ち交流場所に向かう予定でしたが、除雪車で
雪を取り除かないと車も出れない状態で、本当に豪雪地帯に
来たと感じました。

地元の方々の除雪作業が終わってから、蕎麦仲間と合流して、
中島さんのそば打ち部屋にて、富山の方のそば打ちを見ながら
アドバイスを行いました。今年、3段位認定を目指されている方で、
とても丁寧なそば打ちをしていますが、生地の練りや肉わけや
本延しが、練習不足のようで、自分でも悩んでいました。

私もアドバイスをしましたが、直ぐには理解出来ない部分もあった
みたいなので、来月に富山で、そば打ち交流を企画して、私自身
が解説しながらそば打ちをするという約束をして、早めに利賀村から
帰ることにしました。

本当は、私自身がそば打ちをすれば良かったと反省しながら、
来月を楽しみに自分自身も練習しようと気合が入りました。

利賀村から帰る時には、除雪した道にも雪が降り積もっており、
徐行しながら車を走らせました。
途中で、利賀村の名産である固豆腐やお酒を購入して、ついでに
豪雪の合掌造りの建物を見て、京都に帰りました。

画像


画像


1泊2日での利賀村でしたが、とても雪景色が綺麗で楽しかった
です。
また、富山の蕎麦仲間達と交流も出来て、来月には交流会が
出来るなど楽しみが増えました。

富山のそば打ち仲間の皆さん、来月の交流会よろしくお願いします。

自宅に帰ると凍結防止剤が車に着いて、とても汚れていたので、
水で綺麗に洗って駐車場の戻しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント