早めの練習が重要かな?

今日の認定会を見て、やはり私が感じる
ことは、今の時期から練習を行うことが
重要(本当は、昨年の認定された翌日)
であると思いました。
例えば、二段認定になり、次回の受験
の3段位は、打つ量も増えて同じ制限
時間で合格点も75点から85点と10点
増えます。ただ、10点といっても5名の
審査員がいますので、50点分の階段
を登らなければなりません。
そのためにも私は、仲間に言っている
のは、今から延しや切りの練習をして
認定会直前にバタバタしないように
意識して練習をするようアドバイスを
しています。
特に四段認定となると粉が粗くなり、
14:1のそば粉の配分で1.5kgの
量となります。そのため水回しが大変
重要な作業となりますので、今の時期
は、二八1.5kgで地延しから切りまで
の技術を向上させて置くことが大切と
思います。
その部分の技術を向上させていれば、
後は水回しだけを重点において、
認定会練習用の粉でレベルアップを
図れば、纏めた生地以降の作業は、
二八での練習が活かされると思って
います。
皆さんは、多分、今はまだゆっくりと
練習しようと思う方がいると思いますが、
今から意識した練習をする方が、今後
の練習に活かされると思います。

私もそのような気持ちで練習をして
いますので、皆さんも次の目標に
向けて練習をスタートして下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

福井のslowlife
2019年01月20日 06:11
同感です。私もドタバタしました。
今年は9:1~14:1のそば打ち練習をしたいと思っています。
この比率での打ち方の注意点をアドバイスしていただけると有り難いのですが。
水回し、延ばし(麺棒の動かし)、切れないお蕎麦にするには等。
また、1,5kg打ち動画の続きも楽しみにしてます。


ゆきやん
2019年01月20日 07:23
福井のslowlife様、9:1~14:1の比率のそば打ちも生地を纏めてから切りまでの作業は二八そばと同じと思っています。但し、加水が多いので生地が柔らかくなるので、その生地を何時もの二八と同じ幅と長さで打つかが重要です。柔らかい生地はどうしても延し過ぎて生地が薄くなるので、普段から自分の厚みを確実にチェックして、同じ長さで打ち上げるように練習して下さい。私の場合は、1kgのそば粉ならば、幅85cmの長さ86㎝~90㎝以内(生地を畳んだ長さなら、43cm~45㎝を常に意識しています)、1.5kgなら幅85㎝で長さ130㎝を意識しています。水回しは、やはりそば粉の割合が多いので1回目の加水を多く入れること。そば粉に水を浸透させる時間を作るために手に付いたそば粉を丁寧にゆっくりと落とす等の意識が必要です。
福井のslowlife
2019年01月20日 17:01
アドバイス有り難う御座いました。
水回し~柔らかい生地の延し~切り工程での下駄等今年も
課題蓄積、悩みながらのそば打ちになりそうです。
頑張ります。