まだまだ

今日は、福井越前そば道場の「誠匠」大会に
参加しました。
この大会は、粗びきそば粉1.5kg生粉を
やかんの中に入った水で、「そば打ちを
制限時間40分で打つ大会です。
私は、過去2回参加して、何れも加水量の
見極めが悪くて、生地が硬くて地延しで
終わっていました。
今回こそ最後まで、良い生地で打ちたいと
言う思いで参加して、練習用にそば粉も
購入して、自宅でも練習を重ねました。

でも、大会になると生地の状態を確認して
加水をしますが、やはり、今回も加水が
適量出なく、本延しで両サイドにひびが
出たり、生地の表面の艶も少なく、自分
自身も今日は、何とか打ち上げただけで、
自分が納得したそば打ちでは無かった
です。
そんな評価でしたので、当然、入賞も無く
入賞した方のそば打ちは、とても良かった
です。

生粉打ちは、これまでも打って来ましたが、
まだまだ色んな粉を打って、良いそば打ち
が出来るように研鑽します。

今日は、自分らしいそば打ちが出来ない
のが本当に寂しかったです。

画像


この気持ちを次の大会に活かせるように
練習します。

この記事へのコメント

福井のslowlife
2019年05月28日 12:37
ゆきやんさま、残念でしたね。
*粗挽き粉の水回しについて
・5/26(日)の富山での四・五段位講習会において
 「2回目以降少量加水分散法」の講義がありました。
 【題名が違っているかもしれませんがお許しを。】
・私の隣の席の方も(ひびが入らなくなった。)利点を 話されていましたが、ゆきやんさまも実践しているのでしょうか? 誠匠杯はやかんから入れるので軽量は難しいでしょうが。
ゆきやん
2019年05月30日 15:45
福井のslowlife様、コメント有り難うございます。私も粗挽き粉を打つ時は、1回目の加水を自分が散らせる最大限の加水を入れて、2回目の加水は50cc位づつ入れながら行っています🎵
また、生地を括った後もあら練りした後、こね鉢を綺麗にしてから、二度練りしています。練り上げた後は、一気に延しあげるとしっとりとした生地で仕上がると思って打っています🎵
福井のslowlife
2019年05月31日 12:39
ゆきやんさま。
以前のブログで、粗挽きの場合練りこむ前にビニール袋で寝かせていたと思うのですが、この過程も有効でしょうか?(私の場合、段位認定会では2回も養生している時間はありませんが)
*一気にのし上げるとは、短時間でということでしょうか?
*粗挽き粉の延し方も少しご説明いただけると今後の
 参考になりますが。
(伸ばした分引けとか・上から圧力をかけるとか)
ぴこたん
2019年06月11日 21:52
ゆきやんさん、こんばんは!麺棒などでアドバイスいただいたぴこたんです。今月二段位を受け合格しました!私も働きながら練習ですが、闘病中で疲れやすく体調見ながら受けました。当日疲労が出てしまい、コンデション最悪。練習成果は半分。。ゆきやんさんのように自分らしい蕎麦打ちが出来ませんでした。でも蕎麦のために最後まで諦めず打ちました。色々ありましたが、奇跡が起きました!蕎麦の神様はいます。そして初めて井名人にお会いし、握手していただきました。鵜飼委員長の講評や厳しい指摘は受け止め、蕎麦ノートに反省点書きました。3段位まで
ぴこたん
2019年06月11日 22:00
孀婦岩孀婦岩
ぴこたん
2019年06月11日 22:07
iPadがおかしくなり文字化けしました。
日々成長できるよう前進して行こうと思います。
ゆきやんさんまたよろしくお願いします。

ゆきやん
2019年06月12日 06:15
ぴこたん様、二段位認定おめでとうございます。日々の研鑽が実りましたね🎵次の三段位は、更にステップアップしなければなりませんが、しっかりと基本を身につけたら、目標は達成出来ると思いますので、これからも練習頑張って下さい。また、悩み有ればコメント下さい。宜しくお願いします